お菓子作りの技術を高める|プロになるなら製菓学校

製菓学校で美しいお菓子作りを学ぼう

2年制のコース

男性と女性

東京都内の製菓学校に入学してパティシエを目指すのであれば、2年制のコースを選択する必要があります。2年制のコースでは、店舗でのシミュレーション実習を通して現場経験を積むことが可能です。

国家資格の取得

スイーツ

東京都にお住まいの方の中でパティシエを目指しているという人がいるのであれば、製菓学校に通って「製菓衛生士」という国家資格を取得することをお勧めします。この資格を取得することで就職に有利になる他、食品衛生責任者の資格を申請のみで取得可能です。

働きながら学ぶ

デザート

もし、東京都にお住まいの方の中で働きながら製菓学校に通いたいと考えている人がいるのであれば、夜間部を設けている製菓学校に入学することをお勧めします。夜間部であれば、昼間に働いて夜にお菓子作りを学ぶことが可能です。

基礎から応用までの技術

デザート

日本国内に住む数多くの人々の中には、お菓子作りが好きだという人がいるかと思います。お菓子作りというのは、基本的なレシピであれば一般家庭にある調理器具のみで作ることが可能です。しかし、難易度の高いレシピに挑戦する際には、一般家庭にある調理器具だけでは作ることが難しくなります。そもそも、難易度の高いレシピというのは専門的な知識と高い技術を必要とするものですので、調理器具が揃っていたとしても素人では簡単に作ることはできないでしょう。もし、高難易度のレシピに沿ったお菓子作りに挑戦したいと考えている人がいるのであれば、製菓学校に通うことをお勧めします。製菓学校というのは、お菓子作りを専門的に学ぶための学校です。

そういった学校に通う人には、趣味のお菓子作りをより高度なものにしたいという人やお菓子作りのプロであるパティシエを目指している人等がいます。その目的によって、入学時に選択するコースが変わってきます。趣味のお菓子作りを高度なものにしたいと考える場合には、1年制のコースを選択しましょう。1年制のコースでは、様々なジャンルのお菓子作りを総合して学ぶことが可能です。実習ではお菓子作りにおける基礎から応用までの技術を身に着け、座学ではお菓子作りの理論や製菓業界における知識・教養を学んでいきます。卒業時には、様々なジャンルのお菓子やパンを作ることができるようになっているでしょう。また、この1年制のコースでは入学時にフランス留学を希望することが可能です。フランス留学を希望する場合、入学から1年間で前述した通りのカリキュラムをこなしながらフランス留学への準備を整えていきます。そして、2年次に1年間追加でフランス留学を経験することができるのです。